組織概要

Home > 組織概要

組織概要

境界研究ユニット : Eurasia Unit for Border Research (Japan)

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター境界研究ユニット

境界研究ユニット(UBRJ)は、スラブ・ユーラシア地域及び世界の境界研究を主導するために2013年4月に設置されました。UBRJは北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターを中核としており、人文・社会系大学院研究科、アイヌ・先住民研究センター、総合博物館が連携した研究ユニットです。研究成果の国内外への発信、国内外の研究拠点との提携強化、境界問題に関する教育研究進展のための人材育成を主目的としています。目的達成のため、以下の事業を行っています。

  1. 境界研究に関する研究および調査
  2. 学術誌の刊行
  3. スラブ・ユーラシア研究センター、境界地域研究ネットワーク(JIBSN)と連携した夏季集中講座、シンポジウム、博物館展示の開催
  4. 国内外の研究機関・ネットワークとの連携

ユニットの組織

ユニット組織は、スラブ・ユーラシア研究センター長による指名のもと、センターの教員および共同研究員から構成されます。

構成員名簿(2016年4月現在)

岩下 明裕 (ユニット代表) 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 教授
田畑 伸一郎 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 教授
ウルフ デイビッド 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 教授
野町 素己 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 准教授
鈴木 一人 北海道大学大学院法学研究科法学政治学専攻 教授
山崎 幸治 北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授
渡邉 浩平 北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授
北村 嘉恵 北海道大学大学院教育学研究院 准教授
樽本 英樹 北海道大学大学院文学研究科 准教授
池 炫周 直美 北海道大学公共政策学連携研究部 講師
山本 順司 北海道大学総合博物館 准教授
吉見 宏 北海道大学大学院経済学研究科 教授
地田 徹朗 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 助教


境界研究・共同研究員

北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターは国立大学共同利用・共同研究拠点として認定されており、センターに蓄積されてきた資料・リーソス等を活用しながら、スラブ・ユーラシア地域を中心とする諸分野における共同研究および共同利用を、センター内外の研究者の協力により推進しております。その中で、境界研究に関連する共同研究の発展を目的として、国公私立大学等に所属する研究者に対して境界研究・共同研究員制度を設けております。

境界研究・共同研究員一覧(UBRJメンバーを除く)
 任期: 平成27年4月1日~平成29年3月31日

 安渓 貴子  山口大学

 石井 明  東京大学 名誉教授

 井澗 裕  

 大西 広之  法務省 大阪法務局

 北川 眞也  三重大学 人文学部

 今野 泰三  特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)

 佐藤 圭史  北海道医療大学  

 佐道 明広  中京大学 総合政策学部

 中居 良文  学習院大学 法学部

 中山 大将  京都大学 地域研究統合情報センター

 八谷 まち子 九州大学 大学院法学研究院

 前田 幸男  創価大学 法学部

 舛田 佳弘  日本文理大学 経営経済学部

 任期: 平成26年4月1日~平成28年3月31日
 浅羽 祐樹  新潟県立大学 政策研究センター

 池ノ上 真一  北海道教育大学 函館校

 伊藤 融  防衛大学校 人文社会科学群国際関係学科

 井上 暁子  熊本大学 文学部(比較文学)

 川久保 文紀  中央学院大学 法学部

 木山 克彦  東海大学課程資格教育センター/清水教養教育センター

 黒岩 幸子  岩手県立大学 高等教育推進センター

 佐藤 学  沖縄国際大学 法学部

 田村 慶子  北九州市立大学 大学院社会システム研究科

 土井 康裕  名古屋大学 大学院経済学研究科

 長嶋 俊介  鹿児島大学 国際島嶼教育研究センター

 花松 泰倫  九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター

 藤森 信吉  

 古川 浩司  中京大学 法学部

 松原 孝俊

 水谷 裕佳  上智大学 グローバル教育センター

 三村 光弘  公益財団法人環日本海経済研究所

 山上 博信  日本島嶼学会理事

 山崎 孝史  大阪市立大学 大学院文学研究科

 山田 吉彦  東海大学 海洋学部 

 屋良 朝博