イヴェル:Ивер
ワシリー、М.
生年月日1956.04.23
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 第1期国家会議代議員秘書。95年12月第2期国家会議代議員選挙で、選挙団体「ロシア連邦共産党」の推薦を受け、スタヴロポリ地方スタヴロポリ選挙区から当選。ロシア連邦共産党会派所属。96年3月6日より第2期国家会議軍民転換・ハイテク技術委員会委員。それ以前はCIS問題・同朋との連絡委員会委員。


イヴォニン:Ивонин
ヴャチェスラフ、П.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 連邦国家備蓄委員会副議長を務める。同委員会は、96年8月15日付大統領令によって、国家委員会に名称変更される。


イヴレフ:Ивлев
イーゴリ、А.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 リャザン州行政副長官を経て、96年10月、同州行政長官代行に就任。同年12月22日に実施されたリャザン州行政長官選挙の決選投票で、落選。


イェヴレフ:Иевлев
セルゲイ、В.
生年月日 1965.06.17
性別
国籍 ロシア人
学歴 大学卒
考察 ムルマンスク高等海軍技師学校卒業。87〜89年漁業省白海漁獲基地ムルマンスク実施グループ技師、経済専門家として働く。「アルクチクセルヴィス」社会長。93年12月選挙で連邦会議代議員に当選。無所属。連邦会議予算委員会委員。


イオーノフ:Ионов
アナトリー、В.
生年月日 1946.12.28
性別
国籍 ロシア人
学歴 中/高卒
考察 93年12月選挙で第1期国家会議代議員に当選。工場鋳物製産作業班班長として働く。ロシア連邦共産党会派のメンバー。ロシア連邦共産党中央委員会幹部メンバー。第1期国家会議労働・社会的支援委員会委員。95年12月第2期国家会議代議員選挙で比例区から当選。第2期国家会議労働・社会政策委員会委員。


イグナチエフ:Игнатьев
キリル、Б.
生年月日 1971.06.22
性別
国籍 ロシア人
学歴 大学卒
考察 93年12月国家会議代議員に当選。ロシア国立テレビ・ラジオ会社副社長兼経営責任者として働く。「ロシアの選択」会派のメンバー。国家会議情報政策・通信委員会委員。


イグナチエフ:Игнатьев
イーゴリ、В.
生年月日 1958.01.01
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 イタル・タス通信のビジネス部門「ビジネス・タス通信」の指導者を経て、95年7月17日ロシア連邦大統領プレスサービス長官に就任。80年代にはタス通信のワシントン特派員として活躍した。96年11月22日、大統領プレスサービス長官を解任され、安全保障評議会事務局報道官に就任。


イグナチエフ:Игнатьев
セルゲイ、М.
生年月日 1948.01.01
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 経済省次官を経て、96年9月13日、大統領補佐官(経済問題担当)に任命される。96年10月11日付大統領令によって承認された大統領直属納税・予算規律強化臨時非常委員会議長メンバー。97年4月、大統領補佐官解任、財務省第1次官に任命される。


イグナチェンコ:Игнатенко
ヴィクトル、В.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 イルクーツク州人民代議員ソビエト議長をつとめる。93年10月9日付「ロシア連邦の代表制権力機関及び地方自治機関の改革に関する大統領令」により、地方、州、自治州、自治管区の地方議会解体命令が出され、同州ソビエト解体。


イグナチェンコ:Игнатенко
ヴィタリー、Н.
生年月日 1941.04.19
性別
国籍 不明
学歴 大学卒
考察 ソチ生まれ。妻と息子1人。モスクワ国立大学卒(ジャーナリズム専攻)。63〜75年「コムソモリスカヤ・プラウダ」紙勤務、同紙記者、副編集長を経て75〜78年タス通信副社長。75年にソ連ジャーナリスト連盟賞、78年にレーニン桂冠賞を受賞。78〜86年ソ連共産党中央委員会国際情報部副部長。86〜90年「新時代」誌編集長。90年11月よりゴルバチョフソ連大統領の補佐官、報道官を努め、91年8月〜92年6月タス通信社長、92年6月からイタル・タス通信社長。93年10月には同通信社に圧力を加えようとするハズブラートフ=ルツコイ派の圧力をはねつける。95年6月1日、ロシア副首相(マスメディア担当)就任。イタル・タス通信社長兼任。95年8月より外務省の活動の効率化の問題に取り組む政府委員会(コズィレフ外相のイニシアチブにより設置)を率いる。96年3月、ロシア政府の命令により、ロシア政府付属宗教団体問題委員会議長に任命される。同年8月15日、連邦副首相(政府情報局を監督)再任。マスコミ問題、政府広報担当。97年3月、連邦副首相を解任されるが、イタル・タス通信社長のポストは留任。国際情報化アカデミー正会員。ロシア公共テレビ(ORT)理事会員。98年2月、イタル・タス通信社長のポストを維持したままでロシア公共テレビ理事会議長に選出される。


イグナチェンコ:Игнатенко
ウラジーミル、А.
生年月日 1948.01.01
性別
国籍 ウクライナ人
学歴 大学卒
考察 70年代初めに極東工業大学を卒業。アルセニエフ市の機械製作工場で設計技師として働く。72年コムソモールやソビエトの仕事に移り、コムソモールgorkomの第2、第1書記に選出された。79年アルセニエフ市執行委員会副議長に任命された。85年スパースク・ダーリニー市に移り、そこで市執行委員会議長に選ばれる。90年からスパースキー市ソビエト議長。91年から市行政府長官。ナズドラチェンコが行政府に加わると同時に、94年1月15日、沿海地方ロシア連邦大統領代理人に任命される。中央政府と沿海地方とで意見の相違がある場合、沿海地方行政府を支持する。97年5月、同地方大統領代理人職を解任、同地方副知事に就任。同年9月、沿海地方知事付属社会院が設立され、公式機構側から同院を管理することになる。同院は、「沿海地方の危機を伴わない発展に利害関係を持つ社会勢力を団結させ、当局・大衆間の世論を考慮しフィードバックするメカニズムの構築を促進することが指示されている。同年12月7日に実施された沿海地方議会代議員選挙に立候補し、当選。98年1月20日の地方議会特別会議で地方議会副議長に選出。98年2月、同地方議会地域政策・法秩序委員会議長に任命される。


イグナトコフ:Игнатков
ニコライ、В.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 92年2月10日、ブリャンスク州におけるロシア大統領代理人に就任。


イグムノフ:Игумнов
ゲンナディー、В.
生年月日 1936.10.27
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 ペルミ州行政第1副長官を経て、96年1月12日、同州行政長官に就任。ロシア上院議員。第2期連邦会議経済政策問題委員会委員。同年12月22日に実施されたペルミ州行政長官選挙の決選投票で再選される。


イグルノフ:Игрунов
ヴャチェスラフ、В.
生年月日 1948.10.28
性別
国籍 ロシア人
学歴 大学卒
考察 93年12月選挙で第1期国家会議代議員に当選し、94年1月から下院CIS問題・同朋との連絡委員会副議長になる(96年1月再任)。人文科学・政治研究所所長。ロシア連邦連邦・民族国家委員会部長として働く。「ヤブロコ」会派所属。95年12月第2期国家会議代議員に比例区で当選。


イコンニコフ:Иконников
ワレリー、И.
生年月日 1939.01.19
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士
考察 無党派。大学で経済学を専攻し、教鞭をとる。一時、工場で働いた後、大学院に戻り、71年より再び大学で教職に就き、学部長もつとめる。86年には大学の分校長となる。中央行政および企業の幹部職にもある。大統領直属文化・技術援助委員会議長。92年1月政府付属国際人道・技術援助委員会副議長(97年9月29日付ロシア政府決定第1244号によりロシア政府付属国際人道・技術援助問題委員会は廃止され、ロシア政府付属国際人道援助問題委員会が設置される)。


イサエフ:Исаев
ボリス、М.
生年月日 1935.06.18
性別
国籍 ロシア人
学歴 大学卒
考察 最高会議幹部会社会経済発展部局長。農業大学卒業後、教職を経て企業で働く。64年入党。65年からraikom、obkomなどの党機関および国家機関で要職を歴任する。88年地方執行委員会議長に任命される。数々の社会計画を指導。89年ソ連最高会議選挙に出馬するが、落選。90年6月の第1回人民代議員大会でロシア最高会議副議長に選出される。91年2月エリツィンの政策に反対して、臨時人民代議員大会開催を要求。第5回人民代議員大会では最高会議副議長の職を解かれ、最高会議幹部会の部長になる。しかし、政治活動は活発に続け、特に第6回人代大ではロシア共産主義者グループを主導した。最高会議社会・経済発展機関の部局長もつとめる。


イサエフ:Исаев
ミハイル、В.
生年月日 1939.09.10
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士
考察 通信教育で財政・経済大学、モスクワ行政・幹部養成大学卒業。教授の称号を持つ。ロシア生態学アカデミー会員。60年から企業合同体「コルキヌゴリ」共同住宅部門の現場主任、技師長として、63〜65年特別建設事業本部の技師として働く。65〜67年同企業合同体エネルギー・機械部門技師。67〜69年企業合同体「ウラルガスストロイ」部長。69〜73年「ロサフストロイ」の技師長、建設局長。73〜82年「ウラル建設計画」研究所課長。82〜92年チェリャビンスク工業大学に先任講師、助教授、教授として勤務。現在、ウラル投資・持株会社「ブイバル」会長。93年12月選挙で連邦会議代議員に当選したと思われたが、実際に認証されたのは94年5月15日。無所属。連邦会議経済改革委員会委員。


イサエフ:Исаев
アレクサンドル、А.
生年月日 1953.01.01
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士候補
考察 70年代半ば極東高等海洋技師学校卒業。大学院で学ぶ。工学博士候補。83年まで大学講師、ロシア科学アカデミー学術研究員。その後経済経営の専門知識を身につける。現在、太平洋マネージメント・ビジネスアカデミー副学長。90年から多角的生産・科学協会「ダリヴェント」総支配人。その中にはいくつかのセンターがある。センターの活動領域は、漁業、船舶修理、建設、コンピューター・プログラム、科学技術活動、経営コンサルタント、編集事業、映画製作。「昨日の停滞も今日の無限も同じくらい無縁だ」と考える。物語や映画シナリオを書く。90年代初頭それをもとに2本の映画が作られた。


イサエフ:Исаев
レフ、К.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 連邦規格・度量衡・品質認定委員会副議長を務める。同委員会は、96年8月15日付大統領令によって、国家委員会に名称変更されるが、98年4月30日付で廃止され、新設された産業・貿易省に機能吸収。


イサコヴィチ:Исакович
カルル、Л.
生年月日 1937.01.01
性別
国籍 ユダヤ人
学歴 大学卒
考察 63年ハバロフスク工業大学卒業。中等学校卒業後、工業技術学校で取付工・組立工について学び、コムソモリスク・ナ・アムール市の工場で働く。大学卒業後、沿海地方ナホトカ市連合「ダリモルギドロストロイ」に派遣される。63年機械技師として働き始め、かなり前から企業合同「ダリモルギドロストロイ」総支配人の職に就く。人の職業に関する知識と信念の確固さを何よりも評価する。95年11月選挙人グループにより沿海地方ウッスリースク選管区から国家会議代議員選に推薦されたが落選。


イサコフ:Исаков
ウラジーミル、Б.
生年月日 1950.03.17
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士
考察 スヴェルドロフスク州ニージニー・タギル市生まれ。スヴェルドロフスク法科大学(現ウラル法科大学)で法学を専攻し、法学博士号を取得。兵役後スヴェルドロフスク法科大学に勤務し、講師、助教授を経て88年から教授職に就く。90年5月、第1回人民代議員大会で共和国会議メンバーに選出される。90年6月〜91年10月ロシア共和国最高会議議長。90年から農業同盟救国戦線共同議長。ソヴィエト法に関する著書、教科書がある。93年6月30日、最高会議憲法立法委員会議長に就任。12月の選挙で国家会議代議員に選出される。国家会議立法・司法改革委員会議長。ロシア農業党会派のメンバー。97年4月、ロシア連邦人権問題代表として下院に推薦される。


イサコフ:Исаков
ニコライ、А.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 アルハンゲリスク州議会議長。ロシア上院議員。第2期連邦会議北部・少数民族問題委員会委員。


イサコフ:Исаков
エヴゲニー
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 「極真空手道」会長。97年12月7日に実施されたハバロフスク地方議会代議員選挙に立候補し、27.92%の得票率で当選。


イシコ:Ижко
ヴィクトル、А.
生年月日 1950.01.01
性別
国籍 ウクライナ人
学歴 大学卒
考察 70年代初頭に極東航海学校(在ナホトカ)卒業。70年代初頭から「ダリモレプロドクト」船団の管理局無線工学部門で働く。73〜78年「ラジオプリボル」、「エラ」などのウラジオストックの工場で無線機器調節係、ウラジオストック市電話ステーションの電気設備工。85年極東国立大学法学部卒業。85年クラスノアルメイスキー地区国立公証人役場国家公証人の職に就く。86年ヤコブレフスキー地区裁判所裁判官として働く。87年ラゾフスキー地区人民裁判所議長に任命される。


イシチェンコ:Ищенко
エヴゲニー、П.
生年月日 1946.03.23
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士
考察 93年12月選挙で第1期国家会議代議員に当選。ウラル国立法学アカデミー講座主任として働く。ロシア自由民主党会派のメンバー。国家会議国際問題委員会委員。ロシア自由民主党中央事務局経済問題担当議長顧問。95年12月第2期国家会議代議員選挙で比例区から当選。第2期国家会議財産・民営化・経済活動委員会副議長。


イシムラトフ:Ишмуратов
ミンニアリス、М.
生年月日 1940.10.25
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 59年から62年まで兵役につく。61年6月から79年8月まで共産党raikom書記、その後第2書記。65年4月から68年2月までレーニン(名称)コルホーズ畜産技術者。68年2月から71年6月まで獣医、その後、ソフホーズの共産党組織書記。79年8月から83年11月まで自治ソヴィエト社会主義共和国人民代議員ステルリタマクスク地区ソヴィエト執行委員会議長。83年から91年までobkom,raikomで働く。90年3月から92年3月まで人民代議員アウルガジンスク地区ソヴィエト議長。92年3月から95年3月までバシコルトスタン共和国アウルガジンスク地区行政長官。バシキルスク地区ソヴィエトバシコルトスタン共和国国家会議下院議長。第2期ロシア上院議員。CIS問題委員会委員。96年1月から第2期連邦会議メンバー。


イシャエフ:Ишаев
ヴィクトル、И.
生年月日 1948.04.16
性別
国籍 ロシア人
学歴 大学卒
考察 高等教育修了。専門は機械技師。91年8月までソ連共産党員。ノボシビルスク水運技師大学卒業。64〜88年ハバロフスク造船工場勤務。労働者から副技師長、生産部長をへて副工場長となる。71年から73年ソヴィエト軍勤務。88〜90年ハバロフスクアルミニウム建設資材工場長。90〜91年ハバロフスク地方ソビエト執行委員会第1副議長兼計画経済総局長。91年10月24日から大統領令によりハバロフスク地方行政長官をつとめる。93年12月選挙で連邦会議代議員に当選。無所属。選挙では42.11%を得票、4人の候補者を上回る。選挙でのテーマは、「ハバロフスク地方の住民にふさわしい生活を」であった。現存するどの政党にも加わっていないことを強調。「私の政党は、ハバロフスク地方である。」連邦会議国際問題委員会委員。極東・ザバイカル地域連邦構成主体経済連係地域間連盟議長。ゴルバチョフに対して批判的。ハバロフスク・コサックを庇護。妻と1男1女。96年1月から第2期上院議員。同年12月8日に実施されたハバロフスク地方知事選挙で70%以上の得票率で再選される。98年4月、50歳の誕生日にあたり、市の発展に対する多大な功績のためハバロフスク名誉市民の称号を授与される。


イスプラブニコフ:Исправников
ウラジーミル、О.
生年月日 1948.10.14
性別
国籍 ロシア人
学歴 博士候補
考察 72年大卒後、工場で働く。後に大学に戻り、経済学を専攻。代議員選出時には、大学の学部長。経済理論の分野で大きな功績がある。91年から経済改革に関する委員会の仕事に専念。91年10月銀行運営法律化に関する委員会の副議長に選出される。91年9月ロシア連邦最高経済評議会議長の辞任によって、最高会議幹部会に臨時委員会が設置され、委員に選ばれる。91年11月ロシア連邦最高経済評議会議長に任命される。92年4月、第6回人民代議員大会で共和国会議メンバー、ロシア連邦経済改革決議草案準備委員に選出される。93年3月29日、最高会議副議長に就任。


イスマギロフ:Исмагиров
ラシド、Ф.
生年月日 1960.10.08
性別
国籍 タルタル人
学歴 大学卒
考察 94年1月、国家会議代議員委に補欠当選。株式会社社長として働く。「ロシアの選択」会派のメンバー。国家会議予算・税金・銀行・財政委員会委員。


イメドエフ:Имедоев
パーヴェル、М.
生年月日 1947.08.19
性別
国籍 ブリャト人
学歴 大学卒
考察 65〜70年集団農場で働く。70〜75年農業単科大学で学ぶ。75〜76年集団農場で専門家および指導員、76〜80年同農場で主任専門家。76〜80年集団農場内党書記。80年から国営農場議長。ウスチオルダ・ブリャート自治管区へのロシア大統領全権代表。92年12月、第7回人民代議員大会で民族会議メンバーに選出される。97年4月、本人の依願により、ウスチオルダ・ブリャート自治管区におけるロシア大統領全権代表解任。


イラリオノフ:Илларионов
アンドレイ
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 政府付属経済改革実務センター所長をつとめる。


イラリオノフ:Илларионов
アファナシー、П.
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 95年5月、サハ共和国国家会議(イル・トゥメン)下院議長に就任。


イリインスカヤ:Ильинская
Н
生年月日
性別
国籍 不明
学歴 不明
考察 政府付属国民経済アカデミー学長顧問をつとめる。