CONTENTS

スタッフ紹介

・ 非常勤研究員

伊藤 愉
(いとう まさる)
 ロシア演劇史

略 歴

2006年早稲田大学商学部卒業、2009年一橋大学言語社会研究科修士課程修了、2011-2014年ロシア国立舞台芸術大学(GITIS)留学、2015年一橋大学言語社会研究科博士課程単位取得退学。2011-2012年日本学術振興会特別研究員(DC2)、2012-2013年日露青年交流センター若手研究者等フェローシップ。2015-2018年日本学術振興会特別研究員(PD)。2018年~北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員。

共著

●「メイエルホリド劇場と日露交流—メイエルホリド、ガウズネル、ガーリン」永田靖他編『歌舞伎と革命ロシア──市川左團次一座の1928年ソ連公演と日露演劇交流』、森話社、2017年

●「モスクワの佐野碩」菅孝行編『佐野碩 人と仕事:1905-1966』、藤原書店、2015年

● Интернациональный опыт японского режиссера Сэки Сано // Национальный театр в контексте многонациональной культуры: архивы, библиотеки, информация. Издание РГБИ. 2012

●「チェーホフの短編小説」、「チェーホフの一幕物戯曲」、「かもめ、ワーニャ伯父さん、三人姉妹」水野忠夫編『ロシア文学 名作と主人公』、自由国民社、2009年

共編訳

●キャサリン・ブリス・イートン『メイエルホリドとブレヒトの演劇』谷川道子・伊藤愉編訳、玉川大学出版部、2016年(同書内、伊藤愉「現実を解剖せよ—討論劇『子どもが欲しい』再考」、2017年日本ロシア文学会賞受賞)

共訳

●エドワード・ブローン『メイエルホリド 演劇の革命』浦雅春・伊藤愉訳、水声社、2008年

論 文

●「観客とはなにか—1920年代メイエルホリド劇場における観客論争」『言語社会10』、一橋大学言語社会研究科、122-137頁、2016年

●「メイエルホリドとカントル」『タデウシュ・カントル生誕100周年記念事業記録集』、京都市立芸術大学、73-76頁、2016年

● Мейерхольд и Япония» // «Театр». Редакция «Театр». №21-22. pp. 38-49. 2015.

●「メイエルホリド劇場付属科学的研究工房の活動:スコア作成の試み」『演劇学論集61』、日本演劇学会、1-20頁、2015年

●Сэки Сано в Москве: Его деятельность в театре им.

Мейерхольда // «Сцена». ЗАО «Сцена». №3(83). pp. 57-64. 2013 ●Музыкальность «Ревизора» в постановке Вс. Э. Мейерхольда // Театр, живопись, кино, музыка. Издательство ГИТИСа. №4. pp. 29-41. 2012

●「メイエルホリドの演劇空間における音楽的構成と俳優の演技」、『西洋比較演劇研究』、日本演劇学会分科会西洋比較演劇研究会、第10号、103-118頁、2011年

●「査察官の統合と解体――イーゴリ・テレンチエフのメイエルホリド批判」、『ロシア語ロシア文学研究42』、日本ロシア文学会、1-9頁、2010年

メールアドレス

 msrito*slav.hokudai.ac.jp
 *を半角アットマークに変えてご連絡ください。

 

 

村上 智見
(むらかみ ともみ)
 考古学 シルクロードに関する研究
略 歴 2007年奈良大学大学院文学研究科文化財史料学博士前期課程修了、2007年~2009年国立韓国伝統文化大学校留学、2011年~2013年ウズベキスタン共和国科学アカデミーサマルカンド考古学研究所留学(みずほ国際交流奨学財団奨学生)、2013年奈良大学大学院文学研究科文化財史料学博士後期課程修了(博士(文学)取得)。2013年~2016年日本学術振興会特別研究員PD(帝塚山大学)。2016年~2018年日本学術振興会海外特別研究員(グラバル全ロシア芸術保存修復センター)。2018年~北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター非常勤研究員。
共 著

●「ダブシア城出土金属糸の材質と技法調査」、『ダブシア城―中央アジア・シルクロードにおけるソグド都市の調査―』宇野隆夫、ベルディムロドフ・アムリディン編、真陽社、2013年。

論 文

●「モンゴル匈奴が利用した繊維材質」『月刊せんい』vol.69、pp.681-687 、2017年

●「フェルガナ地方ムンチャク・テパ遺跡出土の絹織物」『奈良大学大学院研究年報』第21号、pp.43-54、2015年。

●「ツァヒュールトオボー山遺跡出土の織物について」『奈良大学ディジタルアーカイブ2014』、pp.19-29、2015年。

●「カンカ遺跡出土の封泥に残る織物圧痕について」『奈良大学大学院研究年報』第19号、pp.35‐45、2014年。

●「モンゴル国の遼時代織物調査」『モンゴル国における大型城郭都市のディジタルアーカイブ2013』 pp.27-33、2013。

●「Investigation of Textile Indentation on the Lutes in the Zoroastrian Temple of the Site of Kanka in Chach Region」『O’zbekiston Archaeologiyasi』No.2(5)、2012年 。

●「中央アジアのチャチ出土織物類について」『ラーフィダーン』第33巻、pp.15-23、2012年。

●「Report on Chemical Study of Carbonized Textile Held by the Institute of Archaeology of Academy of Science of the Republic of Uzbekistan」『O’zbekiston Archaeologiyasi』No.2(4)、2012年。

メールアドレス  t-murakami*slav.hokudai.ac.jp
 *を半角アットマークに変えてご連絡ください。

 

 

 


現在までの非常勤研究員一覧

非常勤研究員・博士研究員
氏  名 出  身 委嘱期間 研究テーマ
伊藤 愉  一橋大学言語社会研究科博士課程単位取得退学 2018.4.1~ ロシア演劇史
村上 智見 奈良大学大学院文学研究科文化財史料学博士後期課程修了 2018.4.1~ 考古学 シルクロードに関する研究
宗野 ふもと 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科単位取得認定退学 2016.4.1~2018.3.31 文化人類学・ウズベキスタンのバザールに関する研究
神竹 喜重子 一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了 2016.4.1~2018.3.31 ロシア音楽史
菊田 悠 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程単位取得退学 2015.4.1~2016.3.31 中央アジア定住社会の文化人類学的研究
金山 浩司 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程単位取得退学 2014.4.1~2016.3.31 ソ連科学技術史
辛嶋 博善
東京外国語大学大学院地域文化研究科博士後期課程単位取得退学 2013.4.1~2015.3.31 文化人類学 モンゴル牧畜社会の研究
立石 洋子
東京大学大学院法学政治学研究科
博士課程修了
2012.4.1~2013.3.31 ソ連における自国史像の変遷
本田 晃子
東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻
(表象文化論分野)博士課程単位取得退学
2012.4.1~2014.3.31 ロシア建築
井上 暁子
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究
(ロシア・東欧科)博士課程単位取得退学
2010.5.1~2012.3.31 ドイツ・ポーランド越境文学
瀧口 順也
マンチェスター大学大学院人文科学学部
PhD in History 取得
2010.5.1~2012.3.31 ソ連共産党(ボリシェヴィキ)史
草野佳矢子
早稲田大学大学院文学研究科
博士後期課程単位取得退学
2009.4.1~2010.3.31 ロシア近代史
前田しほ
北海道大学大学院文学研究科
博士後期課程修了(博士(文学)取得)
2009.4.1~2009.12.31 20 世紀ロシア文学、ジェンダー研究
青島 陽子
東京大学大学院人文社会系研究科西洋史学専攻
博士後期過程単位取得退学
2008.4.1~2009.3.31
2009.12.1~2010.3.31
19世紀ロシア史、教育史
木山 克彦 北海道 大学大学院文学研究科
博士後期課程修了
2008.3.17~2009.3.31 考古学 (極東ロシア・中国東北部地域の先史・古代史)
特任研究員(プログラム・オフィサー:新学術領域研究)
氏  名 出  身 委嘱期間 研究テーマ
鄭 齊兒 台湾国立政治大学修士課程修了、ウェストミンスター大学修士課程修了、ロンドン大学院UCL博士号取得予定 ~2013.3.31 Prosody in connected speech via lab experiment, corpus data and computational modelling
21世紀COE非常勤研究員
氏  名 出  身 委嘱期間 研究テーマ
青島 陽子
東京大 学大学院人文社会系研究科西洋史学専攻
博士後期過程単位取得退学
2007.4.1~2008.3.31 19世 紀ロシア史、教育史
志田 恭子
北海道 大学大学院文学研究科
博士後期課程修了
2006.4.1~2008.3.31 歴史 学、ロシア近代史
赤尾 光春
総合研究大学院大学博士課程文化科学研究科
地域文化専攻修了、「学術」博士号取得
2006.4.1~2008.2.29 文化人類学、ユダヤ文化研究、イディッシュ文学
長尾 広視
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻
博士課程単位取得退学
2006.4.1~2007.9.30 ソ連の政治社会史・外交史(1930年代末~60年代初頭)
長縄 宣博
東京大学大学院総合文化研究科
地域文化研究専攻博士後期課程単位取得退学
2007.4.1~2007.7.31 ロシア帝国のムスリム社会と国家との相互関係に関する研究
大串 敦
グラスゴー大学大学院社会科学研究科
博士課程修了
2006.4.1~2007.3.31 政治学、ソ連崩壊過程の研究
菊田 悠
東京大学大学院総合文化研究科
博士課程単位取得退学
2006.4.1~2007.3.31 文化人類学
永山 ゆかり
北海道大学大学院文学研究科
博士後期課程単位取得退学
2005.4.1~2007.3.31 アリュートル語(チュクチ・カムチャッカ語族)
荒井 幸康
一橋大学大学院言語社会研究科
博士後期課程修了
2005.4.1~2007.3.31 モンゴル・ブリヤート・カルムィクの言語政策
毛利 公美 東京大学大学院人文社会系研究科
博士課程単位取得退学
2004.4.1~2006.3.31 亡命ロシア文学・現代ロシア文学
福田 宏 北海道大学大学院法学研究科
博士後期課程修了
2005.4.1~2006.3.31 チェコ社会における多極化とネイション形成
井澗 裕 北海道大学大学院大学院工学研究科
博士後期課程修了
2004.4.1~2006.3.31 近代サハリンの歴史と文化
後藤 正憲 大阪大学大学院人間科学研究科
博士後期課程修了
2003.10.1~2006.3.31 現代ロシアにおける医療実践
藤森 信吉 慶應義塾大学法学研究科政治学専攻
博士課程単位取得退学
2004.4.1~2005.3.31 現代ウクライナ研究、ウクライナ・ロシア関係
大野 成樹 北海道大学大学院経済学研究科
博士後期課程修了
2003.10.1~2005.3.31 ロシアにおける金融諸問題
越野 剛 北海道大学大学院文学研究科
博士後期課程修了
2003.10.1~2005.3.31 19世紀ロシア文学と病気のイメージ、ベラルーシ文学
阿部 賢一 東京外国語大学大学院地域文化研究科
博士後期課程修了
2003.10.1~2004.3.31 チェコ文学・比較文学
非常勤研究員
氏  名 出  身 委嘱期間 研究テーマ
藤森 信吉 慶應義塾大学法学研究科政治学専攻
博士課程単位取得退学
2003.4.1~2004.3.31 現代ウクライナ研究、ウクライナ・ロシア関係
毛利 公美 東京大学大学院人文社会系研究科
博士課程単位取得退学
2002.4.1~2004.3.31 亡命ロシア文学・現代ロシア文学
COE非常勤研究員
氏  名 出  身 委嘱期間 研究テーマ
坂井 弘紀 東京外国語大学大学院地域文化研究科
博士課程後期単位取得退学
2000.4.1~2002.3.31 中央ユーラシア=テュルク口承叙事詩
塚崎 今日子 早稲田大学大学院文学研究科
博士後期課程単位取得退学
2000.4.1~2002.3.31 東スラヴのフォークロア、民俗学
畠山 禎 名古屋大学大学院文学研究科
博士後期課程単位修得退学
2000.4.1~2002.3.31 近現代ロシアにおける都市形成プロセスと建設労働者
楯岡求美 東京大学大学院人文社会系研究科
博士過程単位取得退学
99.10.1~2000.3.31 20世紀ロシア演劇
上田理恵子 一橋大学大学院法学研究科
博士後期課程単位修得退学
98.9.1~2000.3.31 オーストリア、ハンガリーを中心とする東欧法制史
久保久子 北海道大学大学院文学研究科
博士後期課程修了
98.4.1~2000.3.31 ロシア文学・プラトーノフとロシア分離派
金 成浩 東京大学大学院総合文化研究科
博士課程単位修得退学
98.4.1~99.9.17 ブレジネフ期のソ連外交政策
大須賀史和 東京外国語大学大学院地域文化研究科
博士課程修了
97.4.1~98.3.31 ニコライ・ベルジャーエフの思想形成
武田昭文 早稲田大学大学院文学研究科
博士課程修了
97.4.1~98.3.31 アヴァンギャルドの詩学と現代ロシアにおけるその継承者たち
松戸清裕 東京大学大学院人文科学研究科
博士課程単位修得退学
96.4.1~97.3.31 フルシチョフ期におけるソ連政治史の分析
藤田智子 東京大学大学院人文科学研究科
博士課程単位修得退学
96.6.30~97.3.31
97.8.18~98.3.31
ロシア文学におけるスカースの系譜
矢田部順二 学習院大学大学院政治学研究科
博士後期課程単位修得退学
95.6.30~97.3.31 追放ズデーテン・ドイツ人補償問題の史的分析
仙石 学 東京大学大学院総合文化研究科
博士課程単位取得退学
95.6.30~96.3.31 ポーランドを中心とした東中欧の比較政治

ページの先頭へ