Name
TABATA Shinichiro  
氏 名

田畑 伸一郎    
所  属

スラブ・ユーラシア研究センター
職  名

教授
学 位

社会学修士
現在の専門

ロ シア経済  
スラブ研究センター長 (2004-2006、 2015-)
 
年別業績

 

2014年度
2013年度
2012年度
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年
1996年
1995年

2014年業績
1. 学術論文
▼ Emergence of Regional Powers in the International Financial System (Shinichiro Tabata, ed., Eurasia’s Regional Powers Compared: China, India, Russia, 47-63, Abingdon, Oxfordshire, UK: Routledge, 2015) 
 2. その他業績 (論文形式)
  (1)総説・解説・評論等 ▼ 1%台 の成長に留まった 2013 年のロシア経済『ロシア NIS 調査月報』59(5):30-52 (2014.5) ▼ Japan-Finland Bilateral Project on the Socio-economic Development of the Russian Far North, Baltic Rim Economies [PanEuropean Institute, University of Turku], 5:32 (2014)
3. 著書
 ▼(編著)Eurasia’s Regional Powers Compared: China, India, Russia, 243 (Abingdon, Oxfordshire, UK: Routledge, 2015) 
5. 学会報告・学術講演
▼ Comparative Analysis of Inflation in Russia, Pacific Rim Conference 3: Financial and Economic Links and Institutions for Prosperity, Waikoloa Beach Marriott, Hawaii (2014.5.17) ▼Causes of Inflation in Russia in Comparison with China and India, EACES Biennial Conference, Budapest (2014.9.5) ▼ Causes of Inflation in Russia, 2000-2013, 46th Annual Convention of Association for Slavic, East European and Eurasian Studies (ASEEES), San Antonio, Texas (2014.11.21)

2013年業績
1. 学術論文
▼低速モードに入ったロシア経済:2012 年マクロ実績の分析『ロシア NIS 調査月報』58(5):1-20 (2013)  ▼(岩下明裕と共著)補論:ユーラシアの新しい「三角形」を求めて(岩 下明裕編著『ユーラシア国際秩序の再編』[シリーズ・ユーラシア地域大国論 3]203-217, ミネルヴァ書 房 , 2013)
 2. その他業績 (論文形式)
(1)総説・解説・評論等  ▼ロシア経済とインフレーション 『学士會会報』902:32-36 (2013)  ▼ Will the Boom in Japan-Russia Economic Relations Continue? Baltic Rim Economies [Pan-European Institute, University of Turku], 7:47 (2013)  ▼ロシアと中国とインドの経 済を比較したら何が分かったか?(宇山智彦編『比較研究の愉しみ:国立大学附置研究所・センター長 会議第 3 部会シンポジウム報告』[スラブ・ユーラシア研究報告集 別冊]41-47, スラブ研究センター , 2014)(5)その他  ▼ヘルシンキにおける「ロシア近代化」ワークショップ参加記『スラブ研究セン ターニュース』135:14-16 (2013)
 5. 学会報告・学術講演
▼ The Analysis of Japan-Russia Economic Relations in the 2000s, Joint Conference by the Association for Comparative Economic Studies (ACES), the Japanese Association for Comparative Economic Studies (JACES), the Society for the Study of Emerging Markets (SSEM) and the World Class University Project of the Department of Economics, Seoul National University on “The Pacific Rim Economies: Institutions, Transition and Development,” Seoul (2013.4.26)  ▼日ロ経済関係の進展:双方の比較優位に基づく発展 , 第 6 回北東アジア地域協力発展国際フォーラム , ハルビン(2013.6.15)  ▼ Comparative Analysis on the State Budget of the Russian Empire, USSR and Contemporary Russia, International Workshop on “Modernities Scrutinized: Finland, Japan and Russia in Comparison,” Aleksanteri Institute, University of Helsinki (2013.9.12)  ▼ロシアと中国とインドの経済を 比較したら何が分かったか? , 国立大学附置研究所・センター長会議第 3 部会シンポジウム「比較研究の 愉しみ」, 北海道大学(2013.10.4)  ▼ Why Does Inflation Continue in Russia?, 45th Annual Convention of Association for Slavic, East European and Eurasian Studies, Boston MA (2013.11.23)

2012年業績
1. 学術論文
▼The Booming Russo-Japanese Economic Relations: Causes and Prospects, Eurasian Geography and Economics, 53(4):422-441 ▼Observations on Russian Exposure to the Dutch Disease, Eurasian Geography and Economics, 53(2):231-243 ▼2000年代のロシアの経済発展メカニズムについての再考『経済研究』63(2):143-154 ▼先行き不透明なロシアの経済動向:2011年の実績と新体制下の見通し『ロシアNIS調査月報』57(5)24-44 [PDF] ▼環オホーツク海地域の経済発展(田畑伸一郎、江淵直人編『環オホーツク海地域の環境と経済』[スラブ・ユーラシア叢書11]141-166, 北海道大学出版会) ▼「序章 地域大国研究の視座」;「外貨準備の蓄積とグローバル・インバランス」(上垣彰、田畑伸一郎編著『ユーラシア地域大国の持続的経済発展』[シリーズ・ユーラシア地域大国論1]1-9, 13-33, ミネルヴァ書房) 
 3. 著書
▼(江淵直人と共編著)『環オホーツク海地域の環境と経済』[スラブ・ユーラシア叢書11]280(北海道大学出版会) ¶5学会報告・学術講演 ▼Russia, China, and India under Global Imbalances and after, 44th ASEEES Annual Convention, New Orleans (2012.11.18) 
▼Comparison of Russia, China and India in Terms of International Reserve Accumulation after the Global Financial Crisis, 12th Bi-Annual Conference of European Association for Comparative Economic Studies, Paisley, Scotland (2012.9.7) ▼Comparison of the Mechanism of Foreign Reserve Accumulation in Russia, China and India, Joint conference by the Association for Comparative Economic Studies (ACES), the Japanese Association for Comparative Economic Studies (JACES) and the Society for the Study of Emerging Markets (SSEM) on “Economic and Financial System Development in the Pacific-Rim Region,” Honolulu, Hawaii (2012.5.17) ▼(上垣彰と共編著)『ユーラシア地域大国の持続的経済発展』[シリーズ・ユーラシア地域大国論1]x, 268(ミネルヴァ書房)
 
2011年業績
1. 学術論文
▼ Growth in the International Reserves of Russia, China, and India: A Comparison of Underlying Mechanisms, Eurasian Geography and Economics, 52(3)409-427 ▼ 2010 年のロ シア経済:強いられる成長モデルの修正『ロシアNIS 調査月報』6-24(2011.5) ▼ロシア:エネルギー政策と気候変動政策(亀山康子、高村ゆかり編『気候変動と国際協調:多国間条約の行方』331-351, 慈 学社出版) ▼マクロ経済・産業構造(吉井昌彦、溝端佐登史編『ロシア経済論』49-71 , ミネルヴァ書房)  ▼ロシア財政制度の資本主義化(仙石学、林忠行編『ポスト社会主義期の政治と経済:旧ソ連・中東 欧の比較』301-317, 北海道大学出版会) ▼(上垣彰との共著)現代の国際金融構造におけるロシア、中国、 インド『比較経済研究』48(1):15-26 
 5. 学会報告・学術講演
▼ Growth in the International Reserves of Major Regional Powers: Comparisons of Russia, China, and India, The 5th Indo-Japanese Dialogue on “The BRICs as Regional Economic Powers in the Global Economy,” Jawaharlal Nehru Institute of Advanced Study (JNIAS), Delhi (2011.12.26) ▼ Growth in the International Reserves of Russia, China, and India: Implications for the World Economic System, Institute for European, Russian and Eurasian Studies (IERES), Seminar “China, Russia, and the Existing World Order: Seeking to Overthrow the Status Quo or Merely Pursuing Advantage within It?” (2011.11.21) ▼ Why Did Russia Escape Dutch Disease in the 2000s?, 43rd annual convention of ASEEES, Washington DC (2011.11.20) ▼ 2000 年代におけるロ シア極東の経済発展, 第4 回北東アジア地域協力発展国際フォーラム, ハルビン(2011.6.14) ▼ Russia, China, and India: A Challenge to the World Economic Order, Indo-Japanese Dialogue on Eurasia, SRC, 札 幌(2011.3.11)
 

2010年業績
1. 学術論文
▼ロシア経済の 動向:世界金融危機の影響と回復過程『ロシアNIS 調査月報』1-23(2010.5)
 2. その他業績(論文形式)
(5)その他  ▼(公開講座)ロシア、中国、インドの共通性:経済の視点から『しゃりばり』(2010.7)[http: //www.hit-charivari.com/article/data/p0330.html] ▼ロシアのエネルギー政策の動向:東方シフトを中 心に『気候変動に関する意思決定ブリーフノート』9:5-9  
 3. 著書
▼(上垣彰と共 編)The Elusive Balance: Regional Powers and the Search for Sustainable Development[比較地域大国論集2]203(スラブ研究センター) ▼(越野剛、後藤正憲と共編)『比較研究の射程:これまでの研究の集約と今 後の可能性』[比較地域大国論集4]53(スラブ研究センター) 
 5. 学会報告・学術講演
▼世界金融危機 下のロシア経済, 第1 回日中・ユーラシア専門家対話,北京(2010.1.11) ▼(上垣彰と)ロシア、中国、インドの経済発展モデルの比較, 比較経済体制学会全国大会, 大阪市立大学(2010.6.5) ▼ロシア石油・ガスの東アジア市場への進出:現状と見通し, 第3 回北東アジア地域協力発展国際フォーラム, ハルビン(2010.6.14) ▼ Russia’s Economic Growth Model in Comparison with China and India, International Council for Central and East European Studies (ICCEES)
VIII World Congress, Stockholm (2010.7.28) ▼ Oriental Motifs in Our Ongoing Project, Entitled “Comparative Research on Major Regional Powers in Eurasia,“ ICCEES VIII World Congress, Stockholm(2010.7.30) ▼ Common Features of the Russian Economy with China and India, 11th Bi-Annual Conference of EACES, Tartu (2010.8.27) ▼(Xu Liu と)Russia’s Energy Policy in the Far East and East Siberia, 10th Annual Aleksanteri Conference, Helsinki University (2010.10.28) ▼ Common Features of
the Economy of Russia with China and India: Why and How Did They Increase Foreign Reserves?, 42nd Annual Convention of ASEEES, Los Angeles, CA (2010.11.19)
 

2009年業績
1. 学術論文
 ▼ The Influence of High Oil Prices on the Russian Economy: A Comparison with Saudi Arabia, Eurasian Geography and Economics, 50(1):75-92 ▼ The Impact of Global Financial Crisis on the Mechanism of Economic Growth in Russia, Eurasian Geography and Economics, 50(6):682–698 ▼『経済研究』に見る社会主義経済システムの崩壊と資本主義経済化『経済研究』 60(4):331-337 ▼岐路に立つロシア経済:マクロ経済と財政の視点から『ロシアNIS調査月報』1-17(2009.5) ▼ロシア経済:油 価高騰による高成長の終焉『国際問題』580:26-35 ▼世界金融危機とロシア経済の現状『ERINA REPORT』90:2-15 
 2. その他業績(論文形式)
 (1)総説・ 解説・評論等 ▼世界金融危機により冷水を浴びたロシア経済『DIO』[連合総研レポート]234:8-9 (3)書評 ▼塩原俊彦著『パイプラインの政 治経済学:ネットワーク型インフラとエネルギー外交』(法政大学出版会, 2007)『比較経済研究』46(1):134-137 
 3. 著書
 ▼(編著)『超える・向きあう・拓く:「ユーラシア地域大国の 比較研究」への期待』[比較地域大国論集1]29(スラブ研究センター) 
 5 .学会報告・学術講演
 ▼ Changes in the Mechanism of Economic Growth in Russia under the World Financial Crisis in 2008, 41st Convention of the AAASS, Boston (2009.11.13)
 

2008年業績
1. 学術論文
 ▼ 地球化と地域経済統合:CISを中心として(講座スラブ・ユーラシア学1 開かれた地域研究へ:中域圏と地球化』 221-243, 講談社)
 ▼ロシアの市場経済化とエネルギー貿易(池本修一、岩﨑一郎、杉浦史和編著『グローバリゼーションと体制移行の経済学』202-220, 文眞堂)
 ▼経済の石油・ガスへの依存(田畑伸一郎編著『石油・ガスとロシア経済』 77-100, 北海道大学出版会)
 ▼プーチン政権下のロシア経済成長:油価高騰に基づく成長メカニズムとその行方『ロシアNIS調査月報』13-29 (2008.5) 
 2. その他業績(論文形式)
 (1)総説・ 解説・評論等 ▼ロシアの財政状況:安定化基金とその再編をめぐって(『ロシア問題研究会』[財務省委嘱]35-50[http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/frame.html], 国際金融情報センター)
 ▼ロシアの2020年までのマクロ経済予測(『2020年のロシア』[平成19年度外務省委嘱調査]42-68, 平和・安全保障研究所)
 (5)その他 ▼「新冷戦」・世界株安下のロシア経済(経済教室)『日本経済新聞』29 (2008.10.3)
 3. 著書
 ▼ (編著)『石油・ガスとロ シア経済』[スラブ・ユーラシア叢書3]290(北海道大学出版会)
 ▼(編著)21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 19, Energy and Environment in Slavic Eurasia: Toward the Establishment of the Network of Environmental Studies in the Pan-Okhotsk Region, 207 (SRC) 
 5. 学会報告・学術講演
 ▼Influence of the Oil Price Increase on the Russian Economy: A Comparison with Saudi Arabia, 10th Bi-annual Conference of the European Association for Comparative Economic Studies, Higher School of Economics, Moscow (2008.8.29)
 ▼Russia’s Economic Growth: Its Mechanism in 2000-2007 and Its Forecast until 2020, 40th Convention of the AAASS, Philadelphia (2008.11.20)
 ▼2020年のロシア経済, 一橋大学経済研究所特別コンファレンス「ロシアの経済発展と中長期的展望」, 一橋大学(2008.3.15)
 

2007年業績
1. 学術論文
▼ The Russian Stabilization Fund and Its Successor: Implications for Inflation, Eurasian Geography and Economics, 48(6):699-712 
 2. その他業績(論文形式)
(1)総説・ 解説・評論等 ▼ロシアのマクロ経済と財政状況:「凍結」されるオイルダラーによる財政黒字『ロシアNIS 調査月報』22-38 (2007.5) ▼ロシア・ベラルーシ原油輸出騒動の真相『世界週報』54-55 (2007.3.13)
 4. その他業績(著書形式)
▼鉱工業(加 賀美雅弘、木村汎編『朝倉世界地理講座10 東ヨーロッパ・ロシア』313-316, 朝倉書店) 
 5. 学会報告・学術講演
▼ロシアの資本 主義:資金循環から見たその特徴(共通論題報告), 第6 回比較経済体制学会秋期大会, 法政大学 (2007.10.27) ▼ The Stabilization Fund and after, The 39th Annual Convention of the AAASS, New Orleans (2007.11.18) ▼ Japanese-Russian Economic Relations Entering a New Era of Development, U.S.-Japan Dialogue on Russia and Northeast Asia Security, Kennan Institute, Washington DC (2007.4.12) ▼ The Russian Economy and Its Relations with Japan and East Asia in the Era of High Oil Prices, The Ongoing Dialogue between Central Europe and East Asia: Toward New Perspectives on Eurasia, Slavic Research Center, Hokkaido University (2007.10.26)
 

2006年業績
1.著作
 (3)編著  ▼21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 11, Dependent on Oil and Gas: Russia’s Integration into the World Economy, iv+115 (SRC, Sapporo, 2006) 
2.学術論文
 (1)単著  ▼Observations on the Influence of High Oil Prices on Russia’s GDP Growth, Eurasian Geography and Economics, 47(1):95-111 (2006)
 ▼Observations on Changes in Russia’s Comparative Advantage, 1994-2005, Eurasian Geography and Economics, 47(6):747-759 (2006)
 ▼ロシア経済構造の変容『経済研究』57(2):136- 150 (2006)
 ▼Price Differences, Taxes, and the Stabilization Fund (Michael Ellman, ed., Russia’s Oil and Natural Gas: Bonanza or Curse?, 35-53, London, Anthem, 2006)
 ▼Chapter 1: Oil and Gas in the Economic Transformation of Russia (TABATA Shinichiro, ed., 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 11, Dependent on Oil and Gas: Russia's Integration into the World Economy, 1-14, SRC, Sapporo, 2006)
 (2)共著  ▼(大津定美と) ロシアの年金改革 (西村可明編著『移行経済諸国の年金改革:中東欧・旧ソ連諸国の経験と日本への教訓』207-235, ミネルヴァ書房, 2006)
 ▼(S. Ohtsuと) Pension Reforms in Russia (M. Kuboniwa and Y. Nishimura, eds., Economics of Intergenerational Equity in Transition Economies, 201-231, Tokyo, Maruzen, 2006)
 ▼(M. Kuboniwa, N. Ustinovaと) Chapter 2: How Large Is the Oil and Gas Sector of Russia? A Research Report (TABATA Shinichiro, ed., 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 11, Dependent on Oil and Gas: Russia's Integration into the World Economy, 15-29, SRC, Sapporo, 2006)
3.その他の業績
 (2)書評  ▼保坂哲郎著『ロシア地方自治予算論』(高知大学経済学会, 2004)『比較経済研究』43(1):78-81 (2006)
 (4)その他 ▼ロシア経済の「基礎構造」を知る『エコノミスト』88-91 (2006.3.28)
 ▼ロシア製造業の帰趨左右する日本自動車メーカーの進出『世界週報』50-51 (2006.5.23)
 ▼ロシア経済を知る5つの「基礎データ」『エコノミスト』23-26 (2006.7.18)
 ▼ロシアが抱える天然ガス価格引き上げ問題『世界週報』56-57 (2006.8.1)
 ▼石油・ガス依存体質を検討し始めたロシア『世界週報』52-53 (2006.10.17)
 ▼ロシア:資源依存の脱却には金融・為替の安定が必要『エコノミスト』30 (2006.10.17) 
 ▼財政潤沢で少子化対策に乗り出すロシア『世界週報』 54-55 (2006.12.26)
4.学会報告
 (2)共通論 題  ▼Changes in Comparative Advantage of Russia (1994-2005), The 38th National
 

2005年業績
2.学術論文 
 (2) 共著 ▼ (M.Kuboniwa, N. Ustinovaと) How Large Is the Oil and Gas Sector of Russia? A Research Report, Eurasian Geography and Economics, 46(1):68-76 (2005)
3.その他の業績
 (1)研究 ノート ▼(S. Ohtsuと) Pension Reforms in Russia [PIE Discussion Paper Series, No. 262], 27 (Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2005) 
 (4)その他 ▼Russia’s Economic Integration with CIS Countries (『ロシアの経済改革に関する調査報告書』〈平成16年度内閣府委託調査〉51-61, 日本総合研究所, 2005)
4.学会報告
 (2)共通論 題  ▼(S. Ohtsuと) Pension Reforms in Russia, International Workshop on Economics of Intergenerational Equity in Transition Economies, 国立 (2005.3.10) 
 ▼Russia’s Economic Integration with CIS Countries, Symposium on the Russian Economy: Energy Sector and Economic Partnership Issues in Russia, 東京 (2005.3.30)
 ▼“Oil and Gas Export Revenues and Their Influence on Economic Growth of Russia, ” ICCEES 第7回世界大会, Berlin (2005.7.30)
 ▼The Influence of High Oil Prices on Russia’s GDP Growth, AAASS年次大会, Salt Lake City (2005.11.4)
 

2004年業績
1.著作 
 (3)編著  ▼(末澤恵 美との共編) 『CIS: 旧 ソ連空間の再構成』251 (国際書院, 2004) 
 ▼(岩下明裕との共編) 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 2, Slavic Eurasia's Integration into the World Economy and Community, vi+439 (SRC, Sapporo, 2004)
2.学術論文
 (3)編著  ▼(末澤恵美との共編)『CIS:旧ソ 連空間の再構成』251 (国際書院, 2004)
 ▼(岩下明裕との共編) 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 2, Slavic Eurasia's Integration into the World Economy and Community, vi+439 (SRC, Sapporo, 2004)
3.その他の業績
 (2)書評  ▼山口秋義『ロシア国家統計制度の 成立』207 (梓出版社, 2003)『比較経済体制学会年報』41(2):95-98 (2004)
 (4)その他 ▼ロシアの税制 (『ビジネスガイド ロシア』61-69, ロシア東欧貿易会, 2004)
 ▼「インフレーション」「オランダ病」「関税」「経済自由化」「建設業」「鉱工業」「通貨・金融危機」「ルーブル」「独立国家共同体[経 済]」の項目 (『新版 ロシアを知る事典』平凡社, 2004)
 ▼村 上さんを偲んで『スラブ研究センターニュース』99 (2004.10)
 

2003年業績
1.著作 
  (3)編著  ▼『ロ シ ア・CISの世 界経済と の統 合:統計・会計の諸問題』[スラブ研究センター研究報告シリーズ92]51(札幌、2003)
2.学術論文
  (1)単著  ▼Regional Sources of Federal Expenditure and the Pattern of Revenue Sharing in Post-Soviet Russia, The Donald W. Treadgold Papers, 36:19-52 (2003)
3.その他の業績
  (4)その他  ▼(報告書)The Russian State Budget in 2002 and the Impact of Tax Reform (『ロシアの経済改革に関する調査報告書』6-27、日本総合研究所、2003)
 ▼(解説)ロシアの主要経済政策『季刊ROTOBOエコノミック・トレンド』18(4):148-157;19(2):28-36;19 (3):36- 41(2003)
4.学会報告
  (2)共通論 題 ▼Pension Reform in Russia: Research Note, The 35th National Convention of the AAASS, Toronto (2003.11.21)
  (3)シンポジウム ▼2002年におけるロシアの国家予算実績と税制改革の影響、内閣府日露共同シンポジウム「ロシアの財政安定化と銀行改革」、東京 (2003.3.28
 ▼2002年ロシア年金改革、移行経済における世代間の利害調整サマーワークショップ、京都(2003.10.31)
 ▼第5セッション:体制転換の政治経済学 II 、中・東欧=日本21世紀フォーラム「中・ 東欧の民主政と市場経済:新制度は定着するのか?」、札幌(2003.9.3-5)におけるコメンテータ
  (4)シンポジウムのオーガナイザー ▼スラブ研究センター2003年度夏期国際シンポジウム「ス ラブ・ユーラシアの世界経済・国際社会との統合」、札 幌 (2003.7.16-19)の企画運営
 

2002年業績
1.著作 
 (3) 編著 ▼ (岩下明裕と共編) 『CIS の安全保障問題』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ 83] 38 (スラブ研究センター, 札幌, 2002)
 ▼ (中村靖著) 『計算可 能一般均衡 (CGE) モデル作成マニュアル』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ 84] 53 (スラブ研究センター, 札幌, 2002)
 ▼ (岩下明裕と共編) Ten Years after the Collapse of the USSR [スラブ研究センター研究報告シリーズ 86] 79 (スラブ研究センター, 札幌, 2002)
 ▼ (金野雄五著) 『ロ シアのWTO加盟をめぐる諸問題』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ 87] 22 (スラブ研究センター, 札幌, 2002)
2.学術論文
  (1) 単著 ▼ Russian Revenues from Oil and Gas Exports: Flow and Taxation, Eurasian Geography and Economics , 43(8):610-627 (2002)
 ▼ CISにおける経済統合: 域内貿易における付加価値税の課税原則をめぐって 『ロシア研究』 34:24-41 (2002)
  (2) 共著▼ (久保庭真彰と) ロシアにおける 1990 年代の人口・年金危機: 移行経済の世代間利害調整に関する予備的考察 『経済研究』 53(3):247-267 (2002)
3.その他の業績
 (1) 研究ノート ▼ The Russian Pension in the 1990s, Discussion Paper (Project on Intergenerational Equity, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University), 72:1-16 (2002)
 (2) 書評 ▼ Stefanie Harter and Gerald Easter, eds., Shaping the Economic Space in Russia: Decision-Making Processes, Institutions and Adjustment to Change in the El'tsin Era,Europe-Asia Studies, 54(1):148-150 (2002)
 (4) その他 ▼ ロシアにおける 2001 年の財政動向と連邦・地域・地方の財政関係 (『ロシアの対外債務問題と財政・金融事情』 49-72, 国際金融情報センター, 2002)
 ▼ Changes in Relations between the Federal and Regional Budgets of Russia in 2001 (『日露共同シンポジウム報告書 「ロシアの地方と中央の関係について」』 5-20, 内閣府, 2002)
 ▼ 「主要経済政策」 (その他) 『季刊 ROTOBO エコノミックトレンド』 17(3):8-11; 17(4):11-22; 18(2):46-51; 18(3):44-46 (2002)
4.学会報告
 (2) 共通論題▼ "Flow of Oil and Gas Exports Revenues and Their Taxation in Russia," 34th AAASS National Convention, Pittsburgh (2002)
 ▼ (大津定美と) "Pension System in Russia," International Workshop "Population, Labor Market, Pension and Quality of Life in Transitional Countries," 国立 (2002)
 ▼ "Changes in Relations between the Federal and Regional Budgets of Russia in 2001," Symposium on the Russian Economy: The Relationship between the Central and Local Areas in the Russian Federation, 東京 (2002)
 

2001年業績
3.その他の業績 
 (1) 研究ノート等 ▼ (Stefan Hedlund と共著) Putin's Transition Economy: New Challenges for America and Japan, Working Papers (Department of East European Studies, Uppsala University), 68:1-43 (2001)
 (4) その他 ▼ ロシアのマクロ経済動向 (『ロシアの政治・経済動向: プーチン大統領の目指すもの』11-22, 国際金融情報センター, 2001)
 ▼ 主要経済政策 『季刊 ROTOBO エコノミックトレンド』 16 (3):7-8; 16 (4):10-19; 17 (1):8-9; 17 (2):8-14 (2001)
4.学会報告等
  (2) 共通論題 ▼ セッション 2: 石油ガスの輸出収入の地域間における配分, 2000 年度スラブ研究センター冬期シンポジウム「ス ラブ・ユーラシア諸国におけるリージョン: 歴史と現在」, 札幌 (2001.1.25-26)
 ▼ (Stefan Hedlund と) "Putin's Transition Economy: New Challenges for America and Japan," The 33rd National Convention of the American Association for the Advancement of Slavic Studies, Washington DC, USA (2001.11.15)
 ▼ panel "Statistical Systems in Transition," The 33rd National Convention of the American Association for the Advancement of Slavic Studies, Washington DC, USA (2001.11.16) におけるコメンテーター
  (3) シンポジウム ▼ panel "Socio-Economic Development of the CIS countries," International Workshop "Intergenerational Equity in Transition Countries: Phase I," 一橋大学, 東京 (2001.3.2)
  (5) 講演 ▼ セッション 7 (交流Ⅲ 日ロ経済協力の現状): ロシアの経済の現状, 市民学会「日本とロシア: 歴史・交流・共生」 (日本ロシア東欧研究連絡協議会), 東京 (2001.6.23-24)
 

2000年業績
1.著作
  (3) 編著 ▼(村上隆と共編) Russian Regions: Economic Growth and Environment, 428 (SRC, Sapporo, 2000) ▼『ロシアの地域間の資金循環 (2)』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ75] 64 (スラブ研究センター,札幌,2000) 
2.学術論文
  (1) 単著 ▼The Great Russian Depression of the 1990s: Observation on Causes and Implications, Post-Soviet Geography and Economics, 41(6):389-398 (2000)
 ▼The Anatomy of Russian Foreign Trade Data in the 1990s, Journal of Economic Study of Northeast Asia, 2(1):111-119 (2000)
 ▼CISにおける経済統合の到達点 (外務省委託研究報告書『CIS地域の現状と将来の展望』23-32,日本国際問題研究所,2000)
 ▼Methodological Problems of Russian Foreign Trade Statistics: Some Questions Addressed to Goskomstat Rossii (Russian Economic Statistics in Historical Perspectives: An International Workshop, 233-248, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University, 2000)
3.その他の業績
  (4) その他 ▼(解説) マクロ経済の動向 (『不安定な政治と混乱する経済:ロシアはどこへ向かうのか』43-58,国際金融情報センター,2000)
 ▼(解説) ロシアは世界経済にどう組み込まれるのか『しゃりばり』223:47-50 (2000.9)
 ▼(解説) 主要経済政策『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』15(3):11-13 (2000);15(4):10-18 (2000);16(1):7-9 (2000);16(2)9-13 (2000)
 ▼(解説) プーチン新大統領下のロシアの行方『朝日新聞』5 (2000.4.4.夕刊)
 ▼(エッセイ) ロシア:国際共同研究の第一歩『アジア長期経済統計データベースプロジェクト・ニュースレター』15:6-8 (2000.1)
 ▼(エッセイ) タンペレのICCEES世界大会に参加 して『スラブ研究センター ニュース』83:20-21 (2000.10) 
4.学会報告等
  (2) 共通論題 ▼"Russian Economy before and after the Financial Crisis," International Seminar on "The End of Yeltsin Era," Hosei University, Tokyo (2000.2.21)
 ▼"Russian Great Depression in the 1990s: Its Causes and Implications," The 6th ICCEES (International Council for Central and East European Studies) World Congress, Tampere, Finland (2000.7.29-8.3)
 ▼"Distribution of Oil and Gas Export Earnings among Russian Regions: A Preliminary Analysis," The 32nd National Convention of the American Association for the Advancement of Slavic Studies, Denver, USA (2000.11.9-12) 
 

1999年業績
1.著作 
  (3) 編著 ▼久保庭真彰・田畑伸一郎編:『転換期の ロシア経済:市場経済移行と統計システム』,234(青木書店,東京)(1999)
2.学術論文
  (2)共著 ▼ 久保庭真彰・田畑伸一郎:ロシアにおける統計システム移行,『経済研究』50(4):357-379(1999)
3.その他の業績
  (1)研究ノー ト等 ▼田畑伸一郎・佐藤智秋・石川健:地域における統計作成の実状,(『ロシアの地域間の資金循環(1)』[スラブ研究センター研 究報 告シリーズ65],1-16,スラブ研究センター,札幌,1999)
(4)その他 ▼(解説)マクロ経済の動向,(『脆弱さが懸念されるロシア経済』, 24-42,国際金融情報センター,1999)
 ▼(解説)連邦財政と地方財政,(『ロシア地域要覧』,7-23,ロシア東欧貿易会ロシア東欧経済研究所, 1999)
 ▼(解説)主要経済政策,『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』,14(4): 9-24(1999);15(1):10-12(1999); 15(2): 11-15(1999)
4.学会報告
  (2)共通論題  ▼“Statistical Analysis of Regional Budgets and GDP in Russia,”The 31st National Convention of the American Association for the Advancement of Slavic Studies, St. Louis, USA (1999.11.18-21)
  (3)シンポジウム▼田畑伸一郎・佐藤智秋・石川健:地域における統計作成の実状,1998年度スラブ研究センター冬期シンポジウム「スラブ・ユーラシア 研究の新地平」,札幌(1999.1.28-29)
 ▼Session 5-1, “Inter-Regional Flows of Financial Resources in Russia,”Russian Regions: Economic Growth and Environment, SRC (1999.7.22) におけるコメンテーター 
 

1998年業績
2.学術論文
  (1)単著 ▼ “Transfers from Federal to Regional Budgets in Russia: A Statistical Analysis,” Post-Soviet Geography and Economics, 39 (8):447-460 (1998)
 ▼“Investitsionnyi krizis v Rossii,” Voprosy statistiki, (5):31-36 (1998)
 ▼「ロシアの貿易統計」『比較経済体制学会会報』35:76-82 (1998)
 ▼「ロシアの体制変換と経済循環の変化」(『スラブ・ユーラシアの変動―自存と共存の条件』平成9年度重点領域研究公開シンポジウム報告 集、93-99、北海道大学スラブ研究センター、札幌)(1998) 
3.その他の業績
  (1)研究ノート等  ▼「CISの経済問題―輸出入課税制度を中心に―」、(『CISの現状と将来の動向』、33-45、日本国際問題研究所、東京)(1998)
 ▼「マクロ 経済の動向」、(『ロシア・CIS諸国における市場経済化の進展と実体経済』、13-29、国際金融情報センター、東京)(1998)
 ▼「主要経済政 策」『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』13 (4):9-26 (1998); 14 (1):11-15 (1998); 14 (2):12-15 (1998) 
4.学会報告
  (2)共通論題 ▼ 「ロシアの体制変換と経済循環の変化」、重点領域研究「スラブ・ユーラシアの変動―自存と共存の条件」公開シンポジウム、札幌(1998年1月29-30 日)
 ▼“Changes in Intergovernmental Transfers between the Center and Regions of Russia,” AACPCS/ANZSA 1998 International Conference on Communist and Post-Communist Societies, Melbourne, Australia (July 7-10, 1998)
 ▼“Transfers from Federal to Regional Budgets in Russia: A Statistical Survey,” The 30th National Convention of the American Association for the Advancement of Slavic Studies, Boca Raton, Florida, USA (September 24-27, 1998)
 ▼「ソ連・ロシアの統計制度」、アジア長期経済統計データベース・プロジェクト全体会議、神奈川県三浦郡葉山町(1998年12月23-24 日)
 

1997年業績
1.論文
 ▼The Investment Crisis in Russia: A Research Report, Post-Soviet Geography and Economics, 38(9)(97)129-144(1997)
 ▼ロシアとCIS諸国との貿易に関する統計分析『スラブ・ユーラシアの変動:その社会・文化的諸相』スラ ブ研究センター96年度冬期研究報告会報告集(97.6)417-435
 ▼ロシアの国民所得統計『ロシアのマクロ経済統計』「スラブ・ユーラシアの変 動」領域研究報告輯39(97.8)1-23
 ▼ロシアの経済構造と経済循環の変化『経済システムの転換と新経済圏の形成(2)』同報告輯49 (97.12)17-44 
2.解説
 ▼マクロ 経済の 動向『ロシア・CIS諸国の市場化と民主化の到達点と問題点』国際金融情報センター(9724-33
 ▼ロシア経済の苦境『エコノミスト』臨時増刊 (97.4.7)166-16
 ▼主要経済政策『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』12-4(97.4)10-18, 13-1(97.7)11-19, 13-2(97.9)9-13, 13-3(97.12)11-14 
3.エッセイ
 ▼ハバロ フスク 統計委員会を訪れて『アジア長期経済統計データベースプロジェクト・ニュースレター』 4(97)7-8 
4.編集
 ▼『経済 システ ムの転換と新経済圏の形成(1)』「スラブ・ユーラシアの変動」領域研究報告輯29(97.5)60
 ▼『ロシアのマクロ経済統計』同報告輯3997.8) 142
 ▼『経済システムの転換と新経済圏の形成(2)』同報告輯49(97.12)68
 

1996年業績
1.編著
 ▼「ロシ アの人 口・労働統計」(「スラブ・ユーラシアの変動」領域研究報告輯)5(96.1)46
 ▼「ロシアの経済統計資料」(「スラブ・ユーラシアの変動」領域研究 報告輯)6(96.1)68 
2.論文
 ▼'Changes in the Structure and Distribution of Russian GDP in the 1990s,' Post-Soviet Geography and Economics, 37:3(96)129-144
 ▼マクロ経済の動向『転機を迎えたロシア-市場化と対外経済政策の行方-』国際金融情報センター(96) 25-38
3.解説
 ▼経済改 革の動 き『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』11-4(96)8-24
 ▼主要経済政策『季刊ROTOBOエコノミックトレンド』 12-1(96)10-15;12-2(96)10-14;12-3(96)10-14
 

1995年業績
1.共編
 ▼(望月 喜市、 山村理人と)『講座スラブの世界6 スラブの経済』 弘文堂(95.12)406
2.共著
 ▼「ソ 連・ロシ アの財政・金融・価格制度とその改革」望月喜市・田畑伸一郎・山村理人編『講座スラブの世界6 スラブの経済』弘文堂 (95.12)161-187
3.論文
 ▼ロシア の経済 循環の変化(1989~1994年):SNA統計利用の試み『経済研究』(一橋大学)46-4(95.10)366-373
 ▼ロシアと中国のマクロ経済 実績の比較『比較経済体制学会会報』33(95.11)31-35
 ▼「経済」木村汎編『もっと知りたいロシア』弘文堂 (95.11)207- 231 
4.その他
 ▼マクロ 経済の 動向『混迷続くロシア:市場化と民主化の行方』国際金融情報センター(95.3)28-40
 ▼経済改革の動き『季刊 ROTOBOエコノミックトレンド』10-4(95.3)8-20, 11-1(95.6)4-12, 11-2(95.9)5-8, 11-3(95.12)4-7

▲ PAGE TOP