CONTENTS

沿革と概要

社会連携

博物館


物館展示
境界研究ユニット(UBRJ)は、ボーダースタディーズ(境界研究)にかかわる研究成果を積極的に社会還元しています。その一つが、北海道大学総合博物館特設ブースでの展示やセミナーの開催です。2009年以来、10期にわたって博物館で行ってきた数々の展示は多くの来館者の眼にとまり、メディアで何度も大きく取り上げられましたが、現在、ボーダーツーリズム(国境観光)のシリーズ展示を続けています。一連の展示のシンボルとなっている廻る地球儀は、地形が再現され、海の深さまでスケールで表現された貴重なもので、樺太の北緯50度線に置かれた日露国境標石のレプリカとともに来館者にインパクトを与えています。地域研究が現場を重視し、現地からの情報をなによりも大事にすることを思えば、来館者に現場を体感させる博物館展示こそ、成果を社会に伝えるにふさわしい場のひとつでしょう。ボーダーツーリズムの展示もすでに第三期を迎えており、斎藤マサヨシさんの写真コーナーも好評です。
博物館展示


元自治体及び市民団体との連携
境界研究(ボーダースタディーズ)は何よりも社会との連携を重視する実践的な学問です。私たちが国境・境界地域の研究や経済振興などに関わる諸組織を連携させようとして設立したのが、境界研究ネットワークJAPAN(JIBSN)です(2012年設立)。ネットワークは、稚内、礼文、根室、標津など北海道の境界自治体から、東京・小笠原、島根・隠岐の島、長崎・対馬と五島、沖縄・竹富と与那国などを構成員とし、これにNPO法人や地域シンクタンクおよび北海道大学や九州大学など研究機関を糾合した、自治体・市民・ビジネス・研究の連携で運用されています。本センターでは境界研究ユニット(UBRJ)が事務局を務めています。これまで毎年、境界自治体のホストでセミナーを開催し、地域を越えた問題を議論するとともに現地フィールドワークを積み上げてきました。昨今ではボーダーツーリズム(国境観光)の実践と結びつき、旅行会社などと提携して、地域への社会貢献がこれまで以上に深化しています。 ウエブサイトURL
http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jibsn/

jibson



開講座
センターでは1986年以来、一般市民を対象とした公開講座を開講しています。毎年、50〜100名程度の参加の申し込みがあり、講義内容は様々なかたちで公刊されています。

過去の公開講座

2018年「ロシアと北極のフロンティア:開発の可能性と課題 」
2017年「境界地域から北東アジア国際関係を考える 」
2016年 「スラブ・ユーラシア社会に おけるジェンダーの諸相」
2015年 「動乱のユーラシア: 燃え上がる紛争、揺れ動く政治経済」
2014年 「記憶の中のユーラシア」
2013年 「ユーラシアの現代と宗教」
2012年「ユーラシアの自然と環境は誰が守るのか」
2011年 「スラブ・ユーラシアで躍動する人々」
2010年 「 地域大国比較の試み-ロシアを中国やインドと比べたら何が分かるか?」


開講演会
センターでは2012年度から、専任研究員の最新の研究内容やスラブ・ユーラシア地域の最新事情を、市民・学生・ジャーナリストなどに向け広く公開するため、公開講演会を年4回開催しています。

過去の公開講演会

第26回2018年6月15日「サハリン・樺太から北海道への引揚げ」(ジョナサン・ブル )
第25回 2018年3月9日 「第一次世界大戦と北東アジア」 (ディビッド・ウルフ)
第24回 2018年2月16日「ミルジヨエフ新大統領の改革路線:変わりゆくウズベキスタン」(菊田 悠)
第23回 2017年12月22日「変わる言語とアイデンティティ:カナダのポーランド系移民を題材に」(野町素己)
第22回 2017年9月 「東欧におけるポピュリズムとネオリベラリズム」(仙石 学)
第21回 2017年6月 「ソ連から中国へ:社会主義文化の伝播」(越野 剛)
第20回 2017年3月 「スラブ・ユーラシア地域の農業問題 - 旧ソ連四カ国の比較で見えること」 (山村 理人)
第19回 2016年12月 「クリミア・タタール人:その過去と現在」 (長縄 宣博)
第18回 2016年10月 「『終わらない時間』、チェルノブイリ30年、福島5年」 (家田 修)
第17回 2016年6月 「縮小するロシア経済:回復はあるのか?」(田畑 伸一郎)
第16回 2016年3月 「『ラスコーリニコフの最初の一歩』 ドストエフスキー『罪と罰』第1部を拾い読む」(望月 哲男)
第15回 2015年12月 「地域を変えるボーダーツーリズム 対馬・サハリン・オホーツク」 (岩下 明裕)
第14回 2015年9月 「比較帝国論から見る大国・小国関係:グレートゲームからウクライナ紛争まで」 (宇山 智彦)
第13回 2015年6月 「少子高齢化を東欧から考える 東欧諸国の福祉政策」(仙石 学)
第12回 2015年3月 「ハルビン駅へ: 日露中・交錯するロシア満洲の近代史」 (デイヴィッド・ウルフ)
第11回 2014年12月 「言語・民族・宗教  ゴーラ人の文化とアイデンティティを巡る諸問題」 (野町 素己 )
第10回 2014年10月 「ベラルーシ、存在しなかった国の文学史」(越野剛)

 


究所公開
2013年度より北大祭期間中にセンターの一般公開を行っています。一般公開では、研究員による最新の研究内容をわかりやすく説明する「サイエンス・トーク」や、スラブ・ユーラシア地域の動向・最新情報についての企画展示が行われ、毎年300名を超える方々がセンターを訪れています。

2018年のサイエンストーク ・ 展示テーマ

 サイエンストーク
14:00-14:30 
ロシア皇帝一家殺害事件-革命と贖罪の100周年
  スラブ・ユーラシア研究センター/ 高橋 沙奈美
15:00-15:30 
ロシア大統領選挙:プーチン政権のこれまでとこれから」  
  スラブ・ユーラシア研究センター/  油本 真理

 展示テーマ
 ■ ロシア・ロマノフ朝最後の皇帝ニコライⅡ世一家が銃殺されたことは,長らく秘密でした。それはなぜなのか,タブーはどのような憶測を生んできたのか,ソ連崩壊後の現在では皇帝一家はどのように評価されているのか,100年後の今だからこそ迫れる歴史ミステリーです。
 ■ 今年3月の選挙で圧勝し,ロシア大統領として2024年まで任期を延ばしたプーチン大統領。今回の大統領選挙はどのような戦いだったのでしょうか。また,長期にわたってロシアを率いるプーチン政権の業績と今後について考えてみましょう。

▲ PAGE TOP